初心者だからと諦める必要は無い|投資にトライ

  1. ホーム
  2. 国内を選ばない理由

国内を選ばない理由

マネー

fxを行うためにはfxを扱っている業者に口座を開設する必要があります。一般的にはじめての人であれば国内業者を選ぶものですが、使っていると国内業者が不利であるということがわかってきます。国内fxのメリットとしては情報が日本人からすれば手に入れやすいということです。fxを仲介するには金融先物取引の届出が必要ですから、その会社がまともな会社であるかどうかをすぐに調べることができます。また信託保全の制度が整っていますから業者が倒産しても預けたお金を失うことはありません。一方でデメリットはレバレッジの規制によって個人では最大25倍、法人でも最大100倍までしか設定することができません。また証拠金維持率の低下によって追証が発生する、ロスカットされる割合が高いといったことなどが挙げられます。海外fxのメリットとしては、レバレッジの設定はその業者のある国の規制の範囲内となるので最大1000倍の設定が可能であること。さらにNDD方式であることです。DD方式は国内fxで使われているものですべての取引を直接外貨の売買をするのではなく一定のグループ内で売買を成立させるというものです。このため不明瞭なところがあり、また注文が多ければ多いほど儲かる仕組みとなっています。一方で海外fxで主流のNDD方式は直接外貨を売買する仕組みです。この違いは情報提供に差があり、海外fxでは利用者に対して信頼性の高いトレード情報を提供してくれます。一方で海外fxのデメリットは、安全性が低いということで自己責任で行わなければいけません。このため業者選びが重要になってきます。